診療のご案内

各種予防接種

予防接種とは、人工的に弱毒化した病原体を注射することであらかじめ免疫をつくるためのもので、病気予防のために不可欠なものです。

犬の予防接種で予防できる病気には次のものがあります。
・狂犬病
発症するとほぼ100%死亡する恐ろしい病気。
人畜共通伝染病です。
・犬ジステンパー
発熱、食欲不振、膿性鼻汁に続き神経症状をおこします。
子犬での死亡率が高い。
・犬パルボウィルス感染症
嘔吐、下痢が主な症状でやはり子犬での死亡率が高い。
・犬伝染性肝炎
発熱、食欲不振、嘔吐、下痢、腹痛などをおこし、
子犬では死亡することもあり。
・犬アデウィルス2型感染症
発熱、クシャミ、咳、鼻汁などの症状をおこします。
・パラインフルエンザウィスル感染症
発熱、咳、鼻汁などの症状をおこします。
・犬レプトスピラ感染症
発熱、黄疸、歯肉からの出血をおこします。
人畜共通伝染病です。
・犬コロナウィルス感染症
下痢、嘔吐が主な症状で子犬の場合、重症になることもあります。
猫の予防接種で予防できる病気には次のものがあります。
・猫ウィルス性鼻気管炎
発熱、食欲不振、クシャミ、鼻汁、結膜炎などをおこし、
重症になると死亡することもあります。
・猫カリシウィルス感染症
発熱、鼻汁、クシャミ、など症状をおこします。
特徴としては、口腔内に潰瘍、水泡ができます。
・猫汎白血球減少症
血液中の白血球が減少してしまう病気で、
発熱、嘔吐、下痢などの症状をおこします。
子猫に感染すると死亡してしまうこともあります。
・猫のクラミジア病
クシャミ、咳、鼻水、結膜炎などをおこし、
悪化すると肺炎になってしまいます。
・猫白血病ウィルス感染症
血液細胞の腫瘍を引き起こす病気で、
食欲不振、元気消失、口内炎、下痢などさまざまな症状がおこります。
予防接種についての注意点
  • ・健康状態に問題ない場合のみ接種してください。
  • ・妊娠している場合は接種できません。
  • ・接種後3、4日は激しい運動やシャンプーは避けてください。
  • ・接種後、まれに食欲低下、元気消失、嘔吐、発熱などの接種反応を起こすことがあります。
    また、顔が腫れるなどアレルギー反応をおこすことがあります。
    このような場合はすぐ連絡してください。
  • ・ワクチンを接種したからといって、むやみに知らないわんちゃんやねこちゃんと接触しないで下さい。
犬8種混合ワクチン 犬6種混合ワクチン 猫3種混合ワクチン
  • 狂犬病ワクチン接種料金 3.000円
    (登録手続きも致します。*手数料は別途いただきます)
  • その他ワクチンの接種料金については、お気軽にお問い合わせください。