ブログ

おしっこのしつけ[しつけ]

ここでは色々なしつけについての情報を皆様にご提供できたら、
と思います。お役に立てれば幸いです。

1回目はおしっこのしつけについてのご相談が当院でも
多く寄せられるので、ご紹介したいと思います。

*******************************************
トイレのしつけ
*******************************************

犬は、本来とてもきれい好きな動物です。
もともと、トイレの場所と寝る場所を分けて
生活していたので、その習性を利用すれば、
トイレのしつけは比較的容易に出来きます。
ただ、4ヶ月未満の子犬は、体の機能が未発達で、
排泄のコントロールができません。
根気よくほめながら、しつけましょう。

ステップ1 トイレのサインを見逃さない

犬は、食後・遊んだ後・目が覚めた後に
トイレに行くパターンが多いです。
犬がソワソワしだしたら、「オシッコ」と声かけをしながら、
トイレへ誘導しましょう。うまくできたら、ほめてあげましょう。

ステップ2  トイレの場所は動かさない

トイレの場所を動かすと、子犬はどこですればいいのか分からず、
混乱してしまいます。常に、同じ場所に置いておきましょう。
トイレには、自分の尿のにおいがついたシーツや、
新聞紙などを残しておいてトイレに誘導しやすくします。
トイレ以外の場所でしてしまったら、よく消毒をして
完全に臭いを消します。
犬は臭覚が鋭いのでまた同じ場所でしないように、注意しましょう。

ステップ3 叱らない

トイレのしつけで、叱るのはやめましょう。
なぜなら、子犬はトイレが終わった後に叱っても
「ウンチをしたから叱られた」くらいにしか思わないからです。
犬は、「トイレ以外の場所で排泄した→叱られた」とは理解できないのです。
根気よく、声かけをしてうまくできたら、ほめるようにしましょう。

仔犬は朝起きると必ずオシッコをしますので、
その時にしっかりほめてご褒美をあげて下さい。.

Up Date:2009年4月17日 by kounopet at 17時51分   パーマリンク   コメント(0)

ページのトップへ ページのトップへ