ブログ

熱中症[お知らせ]

梅雨があけたとおもったら、いきなり猛暑日が続く今日この頃ですが、この時期に注意しないといけないのは熱中症です。

以前は熱射病と言われていましたが、最近は熱中症という言葉が定着しているようです。

この熱中症に関しては、特別な知識がなくても、その時の状況などから飼い主さんでもある程度絞り込むことが可能だと思います。

症状としては、体温上昇による流涎、パンティング、元気消失などで、悪化すると意識レベルの低下最悪の場合、死亡することもあります。

予防についてですが、まず気温の高い時間帯に散歩に行かないということです。
また室内でも熱中症はおこります。
私も自宅の3階に犬を飼っていますが、うちでやっている方法は、すべての窓を全開にして風が通るようにしています。
そして水は切れないように多めに置いておきます。
多少パンティングはしていますが、だいたいこれで毎年なんとか乗り切っています。

この方法でうまくいかない場合、あるいは窓を開けられない場合については、窓を閉めてエアコンをかけるということになると思います。
この場合温度設定が低すぎると逆にクーラー病になってしまうので注意してください。
目安としては27~28℃でやってみてください。
それでも熱中症になってしまった場合は、あわてず応急処置として、全身に水をかけるなど体温を下げてあげてください。

それでもだめなら、すぐに動物病院に電話してください。

犬種によっても、暑さに対する抵抗性が違いますので、気を付けてください。
とくにブルドックなどは要注意です。
なにかご質問などあれば遠慮なくお電話ください。.

Up Date:2010年7月23日 by kounopet at 09時55分   パーマリンク   コメント(0)

里親さん募集。[お知らせ]

蒸し暑い日が続きますが,皆様いかがお過ごしですか?

さて、今回は「里親募集のお知らせ」です。

現在2か月の可愛い♂(オス)の猫ちゃんです。
大切に可愛がっていただけるという方は、メールまたはお電話でご連絡ください。

ワクチン・去勢手術代は負担いたします。

よろしくお願いします

s1322488625 s1322488620 s1321488726.

Up Date:2010年7月7日 by kounopet at 09時57分   パーマリンク   コメント(0)

フィラリアにかかったわんちゃん[お知らせ]

3日前、またフィラリアにかかったわんちゃんがきました。
これで2週連続です。

呼吸が苦しそうで、少し歩くのもやっと。
ここ何年かフィラリアの薬をやっていないとのことで、
一目みてフィラリアかなという感じでした。

2日間の入院後、心臓の薬・抗生物質・栄養食などを
お渡しして、いったんお帰りいただきました。

なんとか助けてあげたいのですが、体力次第といったところでしょうか。

1錠数百円の薬を年に6回やるだけで確実に
予防できる病気なのに。

苦しむのはわんちゃんです。

もう一度予防ということについて
考えていただければと思います。.

Up Date:2010年6月11日 by kounopet at 10時00分   パーマリンク   コメント(0)

ページのトップへ ページのトップへ