診療のご案内

フィラリア予防

フィラリアって??

『フィラリア』と言う言葉は、皆さんご存知だと思います。

フィラリアとは蚊によって媒介される寄生虫の名前で、蚊がワンちゃんの血を 吸うときに皮膚から侵入し、最終的に心臓に達する虫で、この虫が感染すること によって起こる病気を『フィラリア症』と言います。

どんな症状が起こるの?

症状としては食欲不振、元気消失、体重減少、咳、運動をいやがるようになり、 最後は腹水がたまったりして、苦しみながら最悪の場合死んでしまうという 恐ろしい病気です。

予防方法は??

しっかりお薬をあげれば、確実に予防できる病気なのです。 お薬のタイプには、錠剤タイプ、ジャーキータイプ滴下式タイプが ありますが、いずれも必ずメーカー品を購入して頂ければ間違いありません。

投薬期間と、その理由

投薬期間は5月から11月の月1回でOKです。 フィラリアの薬とは感染を予防する薬ではありません。 1度飲ませて1ケ月効果持続するわけではないのです。 ワンちゃんに感染して1ケ月目(30日前後)の幼虫をまとめて駆除するためです。 なので、蚊が出始めた1ヵ月後の5月から、蚊が飛ばなくなる1ヵ月後の11月まで投薬する必要があるのです。

当院から飼主さんへのお願い

かわいいワンちゃんを恐ろしい病気から守るため、お薬を飲ませて しっかり予防してあげてください。 去年うっかり忘れてしまったと言う方は、血液検査で 感染がないかどうか 確かめることをお勧めします。

感染している状態でお薬をあげると、ミクロフィラリアが一度に死んで ショック症状を起こすことがあるためで、そのような場合にはしっかり診察 してから投薬を開始しなければいけないからです。