診療のご案内

各種検査

一口に検査といっても、簡単にできるものから大掛かりなものまで実にさまざまな種類の検査があります。
当院では飼主さんのお話とワンちゃんネコちゃんの様子を合わせて判断し、必要と思われる検査を実施するように心がけています。
ここでは主な検査を紹介していきます。

各種検査
☆血液検査☆
健康診断のページで生化学的血液検査でわかる色々な項目を表にして紹介していますが、それ以外にも血液で色々なことが分かります。例えば犬の代表的な病気の一つであるフィラリア症。ミクロフィラリアは、血液を1滴スライドグラスにたらして、顕微鏡で見ることにより確認できます。成虫に関してはキットで感染の有無を知ることができます。
また猫のエイズや、白血病についてもキットがあり、簡単に検査ができます。
☆糞便検査☆
便がゆるいといった時に、まず実施するのが糞便検査です。
これは一般的な下痢の原因である細菌や、寄生虫卵を確認するためのもので、細菌を見るためには
直接塗抹法(ちょくせつとまつほう)といって、スライドグラスに便を少量のせ、顕微鏡でみるものです。
また、虫卵については、浮遊法といって便を小さい容器に入れ、飽和食塩水などで浮遊させ、上がってきた虫卵を顕微鏡で観察します。いずれも簡単な検査で単純な下痢はこのような検査で診断できます。
☆尿検査☆

どうも尿の色がおかしいとかいった場合は、まず尿検査をします。
これには尿検査用の試験紙があって、これに尿を数滴たらすだけで色々な項目の検査ができます。
検査項目としては、ブドウ糖・ケトン体・比重・潜血・pH・蛋白質・ウロビリノーゲン・白血球などがあります。